新年のご挨拶と冬コミ御礼

もう今月も20日を過ぎまして、新年のご挨拶どころか、寒中見舞いのタイミングも逃してしまいました。
まあ中国の旧正月に倣いまして……(^^;

さて、いつもご覧いただいております皆様方、新年おめでとうございます。
それにしても昨年は大きな天災により、気分の重い一年でありました。
誰しも口にする年始の言葉も、今年だけは口に出すのが少々憚られました。
あらためまして被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

また年末のお忙しい最中に、コミケのブースまでおいでいただきました皆様方、ありがとうございました。
ここ数年の間に、常連様とお呼びしても差し支えの無い方々も増え、本当に嬉しく思います。
今回はイレギュラーな新作となってしまいましたが、変わらずお手に取っていただけた事を感謝申し上げます。
なかでも、「私、中身オッサンなんで、美人で美脚さんのタイツ脚見るの大好きなんですよ~♪」と語って小説とROMをご購入くださいました、関西の女子大生さんが一番衝撃的(笑激的?)で印象に残りました(^^)

不思議なもので、同人活動を長いこと続けていますと、だいぶ前に疎遠になってしまった方とふいに再会できるのも、コミケならでは。
今回偶然にも隣の席になったサークルさんは、もう10年以上前に一緒にバカなことをやっていた方で、自分の知らぬ間にコスプレカメラマンとして、それなりの実績を持つ御仁になっていて驚きました。
「こんなこともあるんだねぇ」と、昔話も交えながらの一日はとても楽しかったです。
また当日の夜明け前に、そのお隣のサークルさんに急遽売り子として参加の決まった、男性コスプレイヤーとして超有名なマリトさんが、ご自分のバーナビーROMを携えて隣に立つという、これまたビックリなハプニングもございました。
よく女性が「イケメンに癒される」と仰いますが、今回、その気持ちがよーくわかりました(^^;
今回の参加記念写真は、マリとさんとのこれ1枚しかないので……。

c0172096_0375723.jpg


そして、今回の新作については長くなりますので、以下のmoreよりお時間のある方はどうぞ。



さて、昨年は自分にとっても一つの節目となり、それまで夢中で続けてきた旅が終わってしまった感じがします。
2011年は夏の記憶も、秋の記憶もありません。
一昨年の10月から、コミケに向けてコツコツと撮り貯めていた企画もすべてお蔵入りに。
虚しさのあまり、無為に時が過ぎてゆくのを、ただただじっと耐えるしかありませんでした。

そんな陰鬱な気分のままでいた10月の終わりに、今回だけは落ちて欲しいと思っていた冬コミに、まさかの2年連続当選の通知が来ました。
本来なら手放しで喜ぶべきところ、その時点で自分に用意できる画像関係のものは何も無く、新たに何かテーマを決めて作ろうという気力さえも失っていました。
ただ、思いついたときに徒然と書いていた文章のストックが多々あり、いつかそれをまとめようと考えていたので、今回はその機会が巡ってきたのだと解釈し、気合を入れ直して文字本を出すことにしました。

それらのストックの中から何篇かをリライトしようと読み返したときに、ふと東京の街のあちこちを舞台にしているものが多いのに気付きました。
そこで【東京】というテーマを中心に据え、そこにナイロニックフォース的なモチーフwwを交える、というスタイルに落ち着きました。
ただ、文字だけの小説本というものに少々違和感を持ったので、挿絵的に見てもらえるようなROMをオマケにつけることにしました。

問題は、そのオマケROMのモデルさんをどなたに頼むかでした。
不思議なもので、こういうのも何かのご縁なのかなあという感じで、何度も撮影会でお世話になったクミさんのお顔がふと浮かびまして、思い切ってお願いすることにしました。

とある日の午後、吉祥寺でクミさんにお会いし、今回のざっくりとした作品内容をお話させていただきました。
自分でも最終形がどうまとまるのかは不明なんですがと説明したのですが、二つ返事で面白いと言ってこの企画に乗ってくださいました。
その会談の中で出てきたのが『都市とタイツ』wwというコンセプトで、これで一気に八方塞だったものが弾け、最終的に『Tights in the city』というタイトルに決まりました(^^)

撮影は年末に向けてお忙しい中、3日もいただきまして、六本木、新宿、お台場、谷中・千駄木、大手町、浅草で撮影しました。

c0172096_0423838.jpg

c0172096_04321.jpg

c0172096_0432018.jpg

c0172096_0435680.jpg

c0172096_0443132.jpg

c0172096_0452913.jpg

c0172096_0455916.jpg

c0172096_0464552.jpg

c0172096_0471265.jpg


まあ、撮影中いろんなハプニングもありましたが(^^;、オマケROMと呼ぶにはもったいない、面白い写真を多数収録することができました。
追々、こちらのブログでも街別に作品紹介させていただこうと思っております。
本当にクミさん、助けてくださりありがとうございました。
クミさんとでなければ、このような写真は一生撮ることはなかったかもしれません。
衣装からスケジュール、ポージングに至る何から何まで、思いやりにあふれたご協力を賜り、本当に感謝です。
この場でも改めて御礼申し上げます。

c0172096_0474085.jpg


まあこんな感じでROMの方はなんとかなったのですが、今度は肝心の小説の方がなかなか納得できるようなまとまり方にならず、七転八倒することに……。
結果的に撮影してない【渋谷】の話がトップになるなど、自分自身でも混乱を極めましたがなんとか書き終え、A5版上下2段組みで36ページの文字本になりました。
表紙はいつもROMのジャケットを印刷しているところにお願いし、本文はキンコースで両面コピー。
12/29でしたので、キンコースの店内は自分と同じことをする人しかおりませんでした(^^;
自家製本なんて、高校の同好会で本作った時以来ですよ。

c0172096_048768.jpg


なんとか前日に完成し、無事に新作としてテーブルに並べる事ができました。
勢いにまかせて打ち込んだ文でしたが、「バッカじゃねえのwww」とか「心が荒んでる時に読むといい感じでww」などというありがたいご感想を頂戴し、こちらも嬉しいかぎりで(^^;
そんなこんなのC81参加顛末でございました。

何かが始まれば必ず終わりが来ます。その終わり方は必ずしも納得の行くものばかりではありません。
ただ、終わったことで始まる何かも必ずある。
そう信じて、今年は辛かった去年の分まで、明るく楽しい事がある1年になってほしいと願いながら頑張ろうと思います。


「さよならだけが人生ならば、また来る春はなんだろう」(寺山修司)

c0172096_051811.jpg



ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
[PR]

by sukekiyo2008 | 2012-01-23 00:57 | お知らせ | Comments(0)